魚狩団サーモンフィッシングin北海道

魚狩団 SFH 北海道オホーツク海をメインとしたサケ釣り、カラフトマス釣りサイト

【2018サケ釣り】オホーツク海でサケ大爆釣!サケ40本の釣果!

   


待ちに待ったサケの群れ!道東オホーツク海でついに爆釣!

2018年はサケ豊漁だ!と、8月の早い時期からそんな情報が飛び交っていたが、それも太平洋側でのお話。
オホーツク海、特に北部は絶滅したのでは?と心配になるぐらいサケの姿が見えない状況です。
北部日本海側でも一時期釣れていたが、それも長くは続かず、人だけは多いが静かな様子だとか・・・

そんな中、今時期では滅多に行くことのなかったオホーツク海道東で爆釣劇に遭遇した!

暗いうちから活性の高いサケの群れ!

激混必至の場所ではあるが、大変ありがたいことにTRちゃんのお陰でポイントに入れてもらえることとなった。
本当に感謝です。
3:00頃、まだ真っ暗な内から釣り開始です。
この場所で暗い内の実績がなかったが、とにかく始めて見る。
と、すぐに本物っぽいアタリが!アワせてみるが、スカっと空振り。
当日は雑魚だなと思われたが、今考えると間違いなくサケだったと考えております。
と、言うのも終了日まで雑魚らし雑魚は数匹しか見ておらず、アタリ=サケが殆どしてた。

当時サケだと認識したのが、何度かのアタリの後に誘いをかけようと、スゥーーとウキを動かした途端ゴゴン!と重たい感触と共に去っていた・・・
やばい、コレ本物だった!?と、ここで気が付いた。

薄暗い内から釣れだしたサケ!爆釣の始まりです!

ようやく辺りが見え始めた頃、間違いなくサケのアタリが!
ウキが完全に没するのを確認しアワセ!
ヒット!久々のサケのファイトはトルクフルでたまらん!
無事ネットインとなりました。
一本釣り一安心したのか、ヘラヘラしていると周囲でバッチバチ釣れだした!

見渡せばどこかで竿が曲がっている状態!サケ爆釣!

本当に凄い釣れ方でしたね。
見渡せばどこかしこで竿が曲がっている状態です。
ただ、これだけ釣れているとライントラブルなども頻発しているようで、仕掛けの作り直しを強いられている方もチラホラ。
実は私もその一人で、PEからラインを切断しなければならない状況となり、リーダーの結び直しを迫られておりました。
なんせ、その時間帯がホント釣れてましたね。

8:00頃までに10本前後の釣果!

ラインを結び直し、調子よく釣果を伸ばしていき、8:00頃までで10本前後の釣果です。
ビックリなのがビッカビカのカラフトマスが未だにいること。
9月も中旬なのに、まだまだ光ったカラフトマスがいるとは!

陽が高くなっても釣れるサケ!本当に群れが濃い!

早朝程の勢いはないが、なんせ釣れていましたね!
TRちゃん曰く「ウキが沈まない気がしない」と(笑)

こんな時はいろいろと実験することが出来て楽しい。
試しに「ウキが沈み、放置しておくとどうなるか?」をやってみた。
この時は、沈みこんだ状態のまま横に引っ張られ、10数秒後に一瞬モジったかと思えばウキが浮いてきた・・・
明らかに咥えた仕掛けに違和感を感じて吐き出したのでしょう。
タコベイトはやはり小さい方が有利なのかな??
動画で撮影すれば良かったなと後悔・・・

んで、その後デカイのを掛けロッドがへし折られる。

港全体で300本?いや、もっと釣れてるか?

釣り仲間と港全体で何本ぐらい釣れているか?という話になった。
見える限りでは300本は釣れているだろうと予想したが、我々釣り仲間5~6人だけでも100本は軽く超えている。
港全体では恐らく200人ぐらいの釣り人はいる。仮に一人3本釣ったとしても600本だ。
2本でも400本となるのだが、二桁釣りの釣り人がかなり多くいる。
もしかしたら、中にはボの人だっているかもしれない。
だが、いくら少なく見積もっても300本という数字は少ない気がする。
仮にだ、平均を5本と見積もると・・・1000本?

恐ろしい・・・

トータルの釣果はサケ40本!カラフトマスも合わせると50本程!

1日目20本か21本。
二日目17本か18本。
三日目3本(9:30撤収)

合計で40本は釣りました!カラフトマスも入れると恐らく50本はいくと思います。
1日で20本オーバーの釣り仲間は他に二人いましたね。
他の方も10本~15本の人もかなりの人数がいたと思います。
この数日で港全体では確実に4桁の釣果があった筈です。

この記事を書いてる現在はロッドが折れたまんまで釣りに出かけておりませんが、爆の情報が!
相当な数が釣れてる様子!


 - Fishing, カラフトマス, サケ , , , , ,