魚狩団サーモンフィッシングin北海道

魚狩団 SFH 北海道オホーツク海をメインとしたサケ釣り、カラフトマス釣りサイト

【悲報】カラフトマスがあまり釣れていない件

   


盆休で漁網があがってもカラフトマスの姿は薄いようです。

オホーツク海北部~中部は思ったほどカラフトマスが釣れていないようで、各地で苦戦中の釣り人が続出している模様。
「実は網なんてあがってないんだよ」「大雨のせいで多くの魚が遡上したんだよ」「そもそもカラフトマスなんて都市伝説なんだよ」等々、釣り仲間からは冗談まじりではあるが色んな意見が出された。
「網があがってるの?」の件は、オホーツク海全域であがってると誤解されてる方も多いかもしれないですが、網走管内での話です。
(網走管内は雄武町から下の地域。)
おそらく宗谷管内ではあがっていないのではないかと思います。
なので、枝幸方面に行った方は網が入っていた可能性大ですね。
魚がいない理由の一つとして考えられるのが、新たな群れが到来していない事に加え、先日の大雨で河口が大きく開き、待っていましたとばかりにカラフトマスが遡上していったという意見です。
どれが正解だとかはないのですが、とにかくカラフトマスの姿が見えない状況でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カラフトマスの姿はありません

最初に入ったポイントでは全体でゼロ!
対岸の河口では10数人で2~3本だったと思います。
至近のポイントでも釣果ナシの情報がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここにもカラフトマスはいない

次に行ったポイントでは少しばかりの群れが見えたものの釣果は出せず。
久々にテトラに乗ったけど恐いのなんので釣りにならんし。
ここでは数本釣れていたようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一級ポイント

途中に寄った大人気ポイントでは釣り人50~60人に大して釣果は6本ほどだったと。
ここで知り合いの釣り師Yさんに久々にお会いしました。
状況を聞くと渋い中、ひとりで2本のカラフトマスをゲットしたようでした!素晴らしいです。

至近の割と大きな河口で、お盆時期にはダントツの釣果を誇るポイントでも50~60人の釣り人に対して、4~5本だったらしい。
入れ替わり立ち替わりで偵察をしにくる釣り人さんと多く会話をしましたが出てくる言葉は「どこも釣れてない」ばかりでした。


 - Fishing, カラフトマス